×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

釣り場紹介(大黒埠頭版)






大黒埠頭

本来釣り禁止なのでトラブルの無いように・・・。

大黒大橋下(新子安側)は、橋のタモト(大黒埠頭に向かって左側)のフェンス入り口から入れる。
2名程度の小場所ながら、数少ない合法(?)進入可能ポイント。
春先にはバチ抜けも見られ、明暗部を狙うとメバルが狙える。
シーバスの実績は無い(個人的には)が、橋脚周りなど狙ってみる価値はあるか?

大黒大橋下(大黒埠頭側)は、基本的には立ち入り禁止区域(埠頭そのものが本来は立ち入り禁止なのだが・・・)となるのでトラブルの無いように。
足下と、橋の明暗部が狙い目で、春先のバチ抜けシーズンはメバルやフッコのライズが見られる。
シーバスはサイズは小さい(30cm〜40cm)が、タイミングが合えば数が狙える。

港内堤防は、付根のテトラ部と、港奥の係留船(台船)周りが有望。
ここでもセイゴ〜フッコサイズがメインで、大型に遭遇した事は無いが(個人的に)数を狙えるポイント。
港内を回遊するヒレピンにも遭遇する事があるので、時折遠投してみるのも良い。

外側テトラ帯は潮通しが非常によく、昼間でも狙えるポイント(逆に夜間は危険)。
バイブレーションを主体に足元の居着を拾ってから回遊待ちに移行するパターンとなる。
釣り場は広いがテトラが不整列な部分など、少しでも他と違う部分に入る事を心がけたい。

横浜側岸壁は、テクトロ(最近は岸壁ジギング)が盛んに行われている場所。
投げて探るより、岸際のほうが確立は高そう。
ベイブリッジ下はハナレと呼ばれる沖堤防でマゴチに実績が高いので、重めのJigヘッド等で狙ってみるのも良いか?