×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【改造計画 其の1】

ステッカー剥がし編


作業時間:1時間(個体差があるでしょう)
満足度 :★★★★☆

最初に手を付けたのは定番のステッカー剥がし。

これにより軽量化だけでなく突起物の排除による空気抵抗も軽減されcd値が向上し、加速、最高速、燃費までもが良くなるという究極のチューニング!!(大ウソ)

まずは目に付くフロントトランク部の注意書きステッカー2つのうちの一方に手を伸ばす。
ビビビビビッ!なんと表面のフィルム部のみはがれて、肝心な部分はそのまま残った!
くっそー・・・しょっぱなからつまづいちまった。
とりあえず剥ぎ取るかって、キーを使ってコリコリ。
うげ、細かい傷がいっぱい付いちゃったよ、とほほ。

とりあえず片方だけにしておいて、次はフロントフェンダー(泥除け)のイメージライン。
ピピピピピッ!今度はすんなりキレイに取れた!

次は右ボディのKawasakiロゴ。
ピッ、ブチ!ピッ、ブチ!の繰り返し。キレイにはがれねぇ〜。とんでもなく時間が掛かった上にベッタリとノリが残っちまった。

その下にあるEPSILONロゴも同様にキレイに剥がれずベタベタにノリが・・・。

続いて左ボディの同ステッカーを剥がしにかかると、こちらは意外とすんなり。

左右ステップ部分のイメージライン、フロントスクリーンの注意書きと前後にあるKawasakiロゴも難なく剥がれて、いよいよ最後のフロントトランク部の注意書きステッカー残分に手を伸ばす。

やっぱりさっきと同様に、フィルム部だけが剥がれた。
さすがに学習したオイラは一旦部屋へ戻り、プラスチック製の定規を持ち出した。コリコリコリ。今度は傷を付けずに剥がせた。

さあ、ここからが大変。
残ったノリを取らなきゃいけません。

ここで使った秘密兵器が『消しゴム』。
60円MONO消し×2個半を投入して、ケシケシ・・・。うぅ〜んワンダフル。キレイに取れました。

これで、一見何処製の何てバイクか解からなくなっちゃったね。
さっぱりしていて、外見上は満足々々。