×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007.10.19 釣行記録


釣行日:2007/10/19 07時〜13時
場所:金沢八景 「忠彦丸 ショートフィッシング フグ船

この秋、オイラの中でのブームは「イイダコ」と「ショウサイフグ」。

どちらも、なかなか行くことが出来ずに、悶々とした日々が続いていた。

そんなある日、ヨシキ氏が木曜日に休暇を取るってんで、一大決心!
木曜休むなら、金曜も休みなさい!って無理矢理有給消化をさせることに。

そして、オイラもこっそり休みを頂くことで、二人でショウサイフグに初チャレンジしてきたっす!!

この釣り、現在はカットウという引っかけ釣りのシーズン。
すっげー面白そうなんで、楽しみだ。

船宿も初めて利用する忠彦丸
ここは、秋だけだと思うんだけど、午前フグ船を出しているので、料金も割安で行ける。

早速ヨシキ氏と料金を支払い(web割引使って、\6,000)、右舷の胴に陣取ります。
出船はうちらを含めて4人!前々日の不漁が祟ったのか、それとも平日はいつもこんなもんなのか。
とにかく、スカスカでの出船です。

餌はアマエビ。
冷凍されたブロックを解凍し、適当に配っていく。
匹数が決まっていて、追加は船内買取か?と思っていたのですが、ヨシキ氏のと比べると明らかにオイラのは数が少ない。
うぅ〜ん、足りなくなったらどうするんだろう??

実は、餌は使いたい放題。
冷凍ブロックを自分達で解凍して、補充してねって。

そんな心配をよそに、船は30分強ほど走って、千葉側の海苔田付近へ到着。
船長の「どうぞぉ〜」って掛声に合わせ、一斉に投入開始。

オイラの自作カットウ仕掛け、初の獲物は・・・ヒトデだぁ。

そして2匹目は・・・イイダコ。

マイブーム、今日で全て成し遂げる事になるのかぁ??

トモに陣取った方は、ポツポツと魚をあげる。
見ていた限りでは、フグの他にトラギスやらベラやら。

オイラと言ったら・・・全然魚が掛からない。
コツも解らないし、餌はすぐになくなっちゃう。つけ方が悪いのか、しゃくりが強すぎて外れちゃうのか、はたまたフグに食われてるのか??

このままでは本気でやばそうなので、同付き3本針仕掛けに変更。

すると、2投目で微妙なアタリをキャッチして、サバフグをget〜!!
って、このフグは食える種類なのか?
良く分かんないから、その場でリリース。

しばらくすると、Hit!・・・またもサバフグ・・・。

後で調べたところ、サバフグ、食えるらしい。
シロサバフグ、クロサバフグ、毒サバフグと3種類居て、毒サバフグはかなりやばいらしい。
シロとクロは無毒なんだって。

さて、オイラが釣った2匹は、どれだったのかなぁ。

その後、なんとかオイラも2匹のショウサイフグを水揚げしたものの、全体的にはかなり低調な雰囲気。

サイズはいずれも30cm位あって、なかなかの型揃い。
もっと小さい魚だと思っていたので、ちょっと嬉しかった。

この日、竿頭はトモに居た方で6匹。
ヨシキ氏はショウサイ2匹にアカメ1匹。

結局オイラは2匹のみでスソ・・・。

船宿で捌いてくれたフグは、すべて刺身に。
子供と妻、一家心中覚悟で食しましたが、全然平気。
オイラはついでに骨せんべいにして食べたが、それでも平気。

刺身は、あまり美味しいって感じはしなかった。
いや、美味しいと言えば美味しいのだけど、ちょっと期待し過ぎたのかなぁ。
味は良いんだけど、食感(舌ざわり)がトラフグというよりカワハギに近い感じで、やっぱり水っぽいしザラザラ感があるんだよね。
まぁ、どちらも同じフグ目だけど。

水分飛ばして(キッチンペーパにくるんで一晩寝かす)刺身にするか、から揚げにすればよかったかなぁと。
ま、次に釣った時に試すとしよう。