×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年12月の独り言・・・

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31



12月15日


ウチのプリ子ちゃん、工場入りです。

1時間強で終る見込みとの事だったので、家族でディーラでまったりとすることに。

相変わらずGT-Rが鎮座するフロア。かわるがわる見ていく人々。
つーか、俺が寄って行ってもスタッフは近寄ってこないのに、ちょっと年配の人が見てると、営業マンが声をかけて・・・。

ちっ!どうせ俺には買えないよぉ〜だ!



つーことで、今回はエンジンルームを見せてもらってきました。
前回、スタッフは白手袋をして見せていたのですが、今回は普通に素手でした。
と、言うか、そのスタッフだけが今回も手袋をしてました。手荒れしてたのかもね(笑

エンジンルームは、今どきの車には珍しく(?)エンジンむき出し。
最近はカバーがかかっていてエンジンなんか見えない車が多いでしょ。
エンジン内の熱気を腹の下を通して、ケツから抜くらしいんだけど、エンジンルーム内の整流をするならカバーもありなんじゃないかなぁと、一人思うわけです。軽量化もあるのか?
あと、ボンネットの穴。何に使うのかなぁって思っていたら、タービンに風を当てるためのものでした。

まぁ、そんな感じでみていたら「でか頭さんじゃない?」って、いきなりスタッフから声をかけられた。

おぉ〜、まだ居たんすね!!
高校の同級生の兄貴で、オヤジがBNR32を買ったときの担当Mさんです。

雑談交じりで車談義を続け、スカイラインクーペ、乗ってみたいなぁ〜っていったら。
乗ってみます?って即答。

試乗会の開始です。

いやぁ〜、良いわ。最上級グレードのオプションフル装備!
スカイラインも今や、ラグジュアリークーペっす!

フロントフェンダが盛り上がっていて、車幅感覚も得やすいです。
ちょいと低めのシートポジション(まだ高いけど)と、肩上まで来ているドアパネルのおかげで、スポーツ感もまんざらではありません。外観から心配していた頭上高も十分にありました。
車内も昔の日産車の安っぽさは無く、なんと本木目。シール(木目”調”)じゃないっすよ。
シートはレザー。でも滑らない。

足回りはコツコツ感があり、程よく固め。AT車だったんだけど、変速ショックもほとんどなし。
パドルシフトは試さなかったけどね。
加速感はNAらしくスムーズ。しかも、フル加速でもケツが沈み込む感じは薄く、旋回時の剛性感もばっちり。
さすが日産のFRシャーシ。世界一だと個人的には絶賛。
300馬力オーバだけど、車体がどっしりしてるので、安定した加速です。
ハンドリングも軽いなぁ、FR、やっぱ良いなぁ〜・・・。

あれ?なんか違和感が・・・。
そう、なんでもかんでも電動なんです。
シートはもちろんのこと、ハンドルの位置設定。さらにハンドルも電動アシスト。
低速では軽いのに、ちょっとスピードを出すと、途端に重くなる。
運転中のインプットが極端に少なく、路面の凹凸も無感覚。
おまけに、旋回後にハンドル放しても、センターに戻ろうとしない。
ぐあぁ〜、違和感ありありだぁ〜。最近の車って、みんなこうなの?

誰でも安全に速く走れる車。そんな印象の車になっていました。
あと10歳トシとったら乗りたいくるまっすねってMさんに言ったら、この装備で500万超だよって笑われた。
はいはい、10年後でも買えねぇよ(爆

楽しみすぎちゃって、戻ってきたら奥さんに怒られた。
いつまで遊んでるの?って(苦笑

そんなこんなで、やっぱ狙いはトヨタ+スバルのコラボスポーツ。期待しちゃいます。
200万切って、200馬力程度の車になりそうだし。
見た目がどうなるかちょっと不安だけど、出るかわからない次期シルビアよりも現実味はあるからねぇ。

ところで、ウチのプリ子ちゃん。
結局2時間コースとなり、綺麗に洗車されて帰ってきました。
ATF変えたけど、なんか全然変わらんなぁ・・・。


このページの先頭へ







12月11日


最近、長女と交換日記を始めました。
日記といっても、大学ノートに2〜3行程度、一日のうち印象に残った出来事などを綴るという簡素なもの。

長女と会話を交わすのは、平日では朝食時の、ほんの数十分程度。
とは言っても、オイラはほとんど新聞読んで過ごしているので、会話という会話はしてないのが実状。

昨日はなにした?とか聞く機会もあまりなく、どんな事考えてるとか、積極的に確認しないと解らない。
(大抵の会話は、遊びだのなんだのと、くだらない話しかお互いしないもんで。)

そんな状況打開のため?ポロっとオイラが口走ってしまった一言。

「交換日記でもしようか?」

まず、交換日記とはどういうものかという質問攻めから始まり、じゃあ様式はとか、どんな風に書けば良いかと、次々に食いついてきました。

そして始めたのが、最初のとおり簡素なもの。

まだ始めて数日ですが、なかなか書くのが難しい。
まず、漢字があまり使えない。(もともとオイラも知らないけどね。)

相手は小学二年生。
どの程度の漢字まで許されるのか、正直知りませんでした。
こんな所からも、今の長女ちゃんの状況が解ってしまうという副産物付き。

まぁ、いつまで続くか解りませんが、今日も何を書こうかと、朝から悩み続けています・・・。


このページの先頭へ







12月9日


NISSAN GT-R 実車を見てきましたぁ〜!



やはり、写真で見るより迫力満点です。
この車がルームミラーに映ったら、電光石火で道を譲ります。

第一印象は、幅広っ!
うちのマンションの機械式駐車場には、間違っても入らなそうです。

箱根や大垂水あたりでは、振り回し切れなさそう。
セレブなドライバーの方々が、サーキットで楽しんでくださいって感じ。

んで、この車、写真のとおり鎖で隔離されています。
ひやかしは触らせてももらえず、販売員すら白手袋をしてドアの開閉を見せてくれる程度。

・・・ここまでは、今日の余談。
いつも行くレッドステージに、たまたまGT-Rの展示車があっただけ。
本題は、ウチのプリ子のエンジンヘッドカバーのガスケット抜けと、ATFにじみの修理見積もり。

とりあえずボンネットを開けて、状態を見てもらいました。
オイラはこの部分をヘッドだと思っていたんだけど、実はロッカーカバーというのだそうだ。
「本当のエンジンヘッドだと、工賃混みで10万超えますよぉ〜っ。」ってメカの人に言われちゃいました。(無知ですねぇ)


そうそう、このメカ。
GT-Rについて「間違えても、買えませんね。」って笑ってました。

オイラ:「200万で買えるスポーツカー出すようにメーカに言ってよ(笑」
メカ :「シルビア、出る噂がありますよね。でも、名前はどうなるのかなぁ。」
オイラ:「最近の日産は車名が変わって、売るの大変でしょう?」
メカ :「正直、大変です(笑。」

メカ :「プリメーラクラスのワゴンも出してもらいたいんですが。」
オイラ:「今、買い換えるなら、レガシィ位しか無いもんね。」
メカ :「・・・(苦笑」


移動してジャッキアップ。下回りを見せてもらったところ、「にじみがあるだけで漏れはないです。これなら大丈夫。」との事。
ホッと一息。

6ヶ月点検も含めるという条件付きで・・・\24,015!!

ATF交換とガスケット交換だけより、6ヶ月点検もしてもらった方が安くなっちゃいました(笑

どうやら工賃の一部を点検に含めたり、ATFを割引してもらったりと、いろいろ融通してくれたようです。

最後には、風船やら焼き芋やら、GT-Rの販促DVD(喜)やらもらって帰ってきました。
来週、プリ子の納庫予定。作業時間は1時間強なんですって。

次は何もらってこよう(爆


このページの先頭へ







12月7日


12日から東京・秋葉原で半年限定の「段ボール肉まん」が発売されます!!

とは言っても、具が段ボールってワケではなく、段ボールに入った肉まんとのこと。

売り出すのは、「晋ちゃんまんじゅう」で知られる菓子メーカー「大藤」の大久保俊男社長が起業した会社。
どうやら大藤社員の反対に遭い、わざわざ別会社を設立して商品化にこぎつけたそうだ。

具材は、天然飼料で育った茨城県産の「ハーブ豚(とん)」。
わざわざ横浜中華街の肉まん業者と提携して追求したお味は、しょうゆ味と塩味の2種類。

1個420円もする高級(?)肉まん。

社会問題に便乗した商売のような気もするが、食品偽装問題に胸を痛め「食品偽装問題を風化させてはならない」というのが狙いなのだとか。

さてさて、この商品はどれくらい売れるのかなぁ?

つーか、最近は諸外国がどうのというより、日本国内の商品のほうが、よっぽど危なく感じてしまう。
足元をしっかり見直そうよ!!

ちなみに、ポスターに載ってるおねーちゃんにコスプレした販売員が売るみたいだよ。
秋葉原って感じだよね。


このページの先頭へ