×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010年09月の独り言・・・

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30



9月25日

なんかあんまり釣りに出かけてない。
特に意味もないんだけどなんとなく、ただなんのとなく、魚の話。

同じ魚なのに、いろんな地方名があったりするじゃない。
俺様が一番(?)好きなシーバス。
すっげぇ便利な呼び名だけど、出世魚だから、セイゴ⇒フッコ⇒スズキって呼び名が変わるわけだけど、関西じゃぁハネとか呼ばれたりしたり。

始めに標準和名を強く意識して魚類図鑑をつくったのは、東京帝國大學の田中茂穂博士だそうだ。

1913年(大正2年)に『日本産魚類目録』で、当時知られていた1,230種類の魚の全てに和名がつけられた。
(原文は英語で、田中博士と外国時2人、計3人の共同執筆)

海水魚は東京魚市場の呼び名、なければ帝國大學臨海実験所のあった神奈川県三崎の呼び名、淡水魚は琵琶湖沿岸の呼び名を採用したんだって。

おかげで、クロダイが関西の呼び名の「ちぬ」ではなく、オイカワが関東の呼び名の「やまべ」でなはい。

とはいえ、やはり地域名を尊重しようって日本的な考えなのか・・・。
クロダイは、クロダイ、まちぬ、ちん、かいづ(若魚)ちぬ(土佐)ひちぬ(宇和島)しおちぬ(讃岐)しろたい(遠州)。
オイカワは、オイカワ、はや、はえ(琵琶湖)がご、がごた、あかず、おとこかご、もしくは、おんなかご(信濃)と併記されているんだとか。

やっぱりハッキリしない日本人って・・・そんなんじゃ尖閣諸島どころか日本の国土は守れないって。

こんな感じで、無理やり時事ネタに結び付けてみた。



このページの先頭へ







9月11日

久しぶりに潮干狩りしてきた。
当然、退社後の深夜だ。

0時ちょっと前に現地に到着し、ヘルメットを取ると、ぷぅ〜んと硫黄臭。
つーか、明らかな腐敗臭。

先日の台風もあり、なんとなく出発時点で不安があったのだが、あぁやっぱり。
海岸線に降りると、それはさらに暴力的に俺様を迎えてくれた。

なんか足元がニュルニュルする。
ずぶ濡れのビニール層を踏みつけるような感覚。
ぐはぁ〜!十数センチはあろう厚みの海草だぁ。

なんじゃこりゃ・・・とにかく海へ・・・と入るが、海中も草・草・草。
まさに緑のビニール群だぁ。

ほじってもほじっても海草が邪魔をする。

少しでも薄い所をと掘るが、小さい貝ばかり。

なんとかボール1杯分獲ったが、ひどいものだった。
今年の猛暑が海草の成長を促したのか?
明るい時間帯に見たら、すっごいんだろうなぁ、この光景。

とにもかくにも・・・狩りは楽しい・・・気がする。



このページの先頭へ