×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 4日目 杭州編 その1 〜




今日は杭州への移動です。

なんか、昨夜は全然寝付けませんでした。
オイラの部屋、窓の隙間風がうるさいんです。
タオルを押し付けたりしたけど、なんとなく寝れなくって。
でも正味3時間位は寝たかな。

朝食後、空港へ向って高速道路をひた走ります。
途中、黄河が見えそうなポイントを通過したんだけど・・・見えないねぇ。

空港はこじんまりした建物だけど、出来たてって感じでこぎれいです。
トイレも綺麗でした。

杭州へのフライトは1時間程度ですかね・・・席も通路側だったので、ウトウトしてました。
到着後、T部長とE部長は喜んでる様子。
なになに、なにがあったの??ってほど、興味も無かったのですが、どうやら景色がすごい良かったそう。

滞在先のホテルまでの移動で実感。
確かに緑が多い。水路も多数あり、今までの中国のイメージと違った印象です。
水路がいっぱい・・・雷魚がいっぱい?・・・この辺りでは釣りをする人は居ないそうです。

なんか、5階建位の縦長&ちっちゃいお城っていうか、昔のラブホテルみたいな建物がいっぱい並んでます。
農家なんだって。再開発で立ち退きして、建て直した家みたい。なんだか趣味悪!
こちらでは地震が無い(ゼロでは無いと思うけど)ため、建築費用はそんなにかからないんだとか。

杭州って所は、観光地なんだそうで、西湖という湖があります。
ホテルに行く途中で近くを流してくれたのですが、観光客がわんさか居ます。
目抜き通りの十字路にて、中国では初めての渋滞(?)に遭遇・・・ただし、クラクションはほとんど鳴りません。
この地域の運転マナーは、かなり良いようです。

ホテルに着いて、セキュリティーBoxに貴重品を入れてロックをし・・・あれ?空かねぇぞ!?
なんと、初期化がされていなかったようで、オイラが入れた暗証番号が認識されねぇ〜!!

E部長から「最初は何も要れずに試さなきゃだめだよ」って。
ちなみに、E部長も同様にロックされちゃって(当然カラの状態)、その場でホテルマン捉まえて空けてもらったんだとか。

ま、とりあえずパスポートとか使う予定も無いので、放っておいてお仕事へ。

今回の訪問先は、オイラのプロジェクトと直接関係のある会社なので、かなり真面目にお仕事してきました。
主要メンバと名刺交換をし、ドキュメント類の規格確認やらを精力的にこなし・・・って、たかがしれてますけど。

また、その会社と直接つながりの有る大学にも訪問しました。
そこで、育成に関してだの、今後の日本向けの展開だのについてプレゼンを受け、部長達も食いついての質問攻め。
オイラからすれば、まだまだ絵に描いた餅なんだけど、熱心さは伝わってきました。


やるべき事を終らせたら、もう夕食の時間。
現地の総帥(日本で言う社長)を交えた食事会(?)です。

しっかし、中国の接待料理って北京ダックしかねぇのか?ってくらい、ここでも出てきました。
中華って、どれも美味しいんだけど、一品挙げろって言われると・・・思い浮かばないよねぇ。

なんか、社交的な会話をしてその場を終え、またまた足裏マッサージに・・・。

ネオンビカビカで、どう見てもいかがわしい系のビルに入ると・・・そこは普通(?)の足裏マッサージ屋さん。
ゾロゾロと部屋に案内され、リクライニング椅子に6人並んで座らされてマッサージ開始。
ここは、本当に足のみのマッサージでした。

オイラに着いた女性ときたら、気持ち悪い位に顔が小さいの!
部長がケラケラ笑って冷やかすけれど、マジでソフトボールか!?って位に小さいんだもの。

そんでもって、その子の手を見せてもらいました。
指はやはり太いですね。めっちゃチカラが必要だし。でも、ちゃんと指紋もありました。

足裏も終って、ホテルへ帰還。

そして、セキュリティBoxの件を片付けなきゃいけないのでフロントへ電話。
当然、日本語なんか通じません。
仕方が無いので、片言の英語を駆使して、なんとか無事に解放!
っていうか、英語て片言同士だとなんとなく伝わるんだけど、相手が流暢だと全然だめだよねぇ〜。
オイラなんか、話て伝える量より身振りで伝えた量のほうが多いんじゃないかって感じ(爆笑)
いずれにしても、なんとかなるもんです。

T部長の部屋へ押し入り、メールチェック!
す・る・と・・・なんと、本番障害報告がぁ〜!!
明日、日本側の担当者とTV会議を実施予定なので、それに向けて報告の依頼メールを打ち、就寝・・・。

そうそう、ついでに自宅へ近況報告として私用メールも送らせてもらっちゃいました。
これが帰宅後に・・・。

HOMEMENUBACKNEXT