×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 宇都宮餃子を食す!編 〜




12月21日、出勤中のオイラの携帯がブリブリ震えだした。
なんだ?誰か休むのか?って見てみると、妻からのメールだった。

「この時期の那須って、雪が積もってるかなぁ?」

・・・はい、このメールが発信された時点で、今回は那須に行くことが決まっていました。
どうやら、気にいった宿が見つかったとかで、思いつきで旅行が決まるのはいつものこと。
いやいや、今回は特にケンカはしていません。
子供たちが冬休みになるんで、どっかに連れ出してあげたいという親心だと・・・決して子供の面倒をみるのが嫌とかではなく・・・たぶん・・・。



旅行初日。

当然のごとく、ETCの割引を利用するため、早朝出発。
オイラは釣りで慣れているので問題ないけど、子供たちはネムネム。
でも、お出かけってことで、本人たちはそれなりに頑張って起きたようだ。

R246から環8に抜け、外環道を通ろうかと思っていたけど思ったより空いていたので、そのまま東北道浦和ICまで一般道を走っていった。

ICに入る前にローカルなコンビニで軽い朝食を購入し、いざ北上!

心配していた天気も、どうやらもちそうな雰囲気。

ETC割引に必要な時間調整も済ませたし、昼の目的地である餃子屋の開店時間まで、かなり時間もあるし。
んじゃ、まずは佐野SAで時間つぶしでもしましょうかってんで車内で朝食を済ませ、物色へ。

 

ここにはでっかいウサギ小屋(?)があって、結構な数のウサギが飼われてる。
みんな寒そうに丸まっていて、ただの毛玉状態だったんだけど。

SA内ではお土産がいろいろ。
納豆、餃子やラーメンならまだしも、東京や横浜のお土産も。
なんでもありだなぁってな感じ。下り線だからかもしれないけどね。

佐野ラーメン打ちの実演に見入る、妻と子供たち。



本当に時間つぶしのためだけの立ち寄りとなっちまったよ。

さすがに飽きてきたので出発。
それでも、まだまだ開店までは時間がありすぎるので、食後に寄ろうと思っていた宇都宮駅近くにあるという「餃子像」へ。

つっても、どこにあるのか下調べなし。

餃子マップをGetすることも兼ね、宇都宮駅に立ち寄ることに。

新幹線の連絡駅だけに、中途半端な時間にも関わらず結構な人。
大きな旅行カバンを持つ人たちもチラホラと。

 

どうにかこうにか見つけた餃子像。
なんじゃこりゃ?って感じです。
コケむしてます(笑。

次は餃子マップをって、来た道を戻っていくと・・・妻と子供は群がるアリの如く、ケーキ屋のショウウィンドウに引き寄せられ・・・。

旅行案内所は年末ということでシャッターが閉まっており、仕方なく改札口の駅員さんに餃子マップの入手手段を尋ねることに。

 

そしたら、親切に、奥からマップを持ってきてくれました。

車にもどるかって歩き出すと、今度は次女がぐずりだした。
すると、見ず知らずのおばさんが寄って来て、「これ食べて泣きやんで」って、たぶんその方の朝食である「ゆずヨーグルト」をくれた。

・・・子供にゆずはちょっと・・・。

宇都宮、親切な人たちにであって、寒さがちょっと和らいじゃいました。

もう思い残すことはないので、サクッと餃子屋「正嗣(まさし)」に向かうことに。

しばらく走っていると、心配していた雨がパラパラと。
店に着いた時には、雨粒は小さいながら、普通に降ってきちゃった。

それでもまだ開店までは時間があるので、駐車場に車を止めてしばし待つ。

準備中の店舗に入っていくお客さんたち。
そして、お持ち帰りの箱を、4つ、5つと持ち帰る。
一箱30個入り。いったい何人で食うんじゃ!?

まだ開店していないのに、お土産用は買えるみたい。

時間になり、カウンターのみの店舗で家族4人並んで注文。

 

焼き餃子を6人前、水餃子を3人前。

お味のほうは、美味しい店と言われているだけのことはあるな・・・と。
ただし、米くいてぇ!!
さすがに餃子ばっかり食うっつーのはキツイね。せめてビールを。


なんだかんだで餃子のみで腹いっぱいとなり、宿に向かうことに。

途中、出来たてホヤホヤの釣り具屋「ポパイ」宇都宮店に立ち寄り、お買い物。

妻と次女は車内で爆睡モードになったので、長女と話をしながらさらに北上。

途中で、またもチェーン店の釣具屋に立ち寄って、商品物色。

妻に、良い加減にせぇ!って怒られつつ、宿のすぐ近くにある「お菓子の城」に到着。

お土産を見ようって立ち寄ったそこは、お菓子の試食がいっぱい!!

これには妻も子ども達もおおはしゃぎ!!

 

妻なんか、もう、勢い余って指まで食べちゃってますから・・・。
おまえこそ良い加減にせい!!

ガラス張りの向こうでは、お菓子製造の実演も。
ベルトコンベアに乗って作られる「那須の月」だけでなく、和菓子を作ってるところなんかもみられる。

一通りの試食を食いつくし、満足気な女どもをひきつれて、今夜のお宿「囲炉裏の宿ひさご」へ。

部屋はメゾネットタイプというらしい、ロフトのでっかい版のような寝室(?)付き。
次女は階段が気に入ったらしく、上り下りを繰り返す。
オイラと妻、長女はジェンガで対決。

夕食はダイニングで。

うちら以外にも客が複数いたけど、各テーブル毎にコース料理を運んでくれるので、温かい料理がちょうど良いペースで運ばれてきて、美味しくいただけました。

後は風呂に入って寝るだけ。
明日への準備は万端です。

とはいえ、明日は帰るだけなんですけどね。



HOMEMENUNEXT