×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 日帰り ちばってみる?編 〜


オイラ : 「まぁ、待て。もう一度、ゆっくり考えてごらん?」
      「そうそう、深呼吸して・・・。」
      「はい、じゃぁもう一度。なんだっけ?」
妻   : 「だからぁ〜、日帰りで大阪行くっつってんだろ!」

ひぃぃぃぃぃぃ〜!!!

しかも、往復ETC割引使うとか言ってるし。

オイラ : 「なんだよ!ETC割引使うなら、差額をオレによこせ!」
      「イヤなら、ETC代をよこせ!おれの小遣いで付けたんだから!!」

・・・なんか、論点がずれてる・・・。

妻   : 「ケツの穴の小せぇ野郎だなぁ。ほらよ!」
オイラ : 「・・・100円かよ。」

そりゃぁもう、死ぬ気で説得したさ。

数百キロ運転した挙句、USJ(一度は行ってみたいけど)で散々遊んで、その日に帰る。
そんな無謀な旅行はやめようって。

そしたら意外とあっさり行き先変更。

場所は・・・千葉です。えらい近くなりました。

予定日の前夜。
関東でも雪が降り、こりゃダメなんじゃねぇ?って思っていたけど、朝には積もってた雪もほとんどが溶けていて問題なし。

結局のところ、予定日の前日は岐阜あたりが雪のため、大阪なんかたどり着けない状態っぽかったけど、千葉方面は全然平気で結果オーライ。

子供達も行く気マンマンだったので、日の出と共に出発。

ちょっとした旅行気分を味わおうって事で、往路は「東京湾フェリー」を使うことに。



天気のせいか、時間のせいか、はたまた連休中日ってことなのか、道はガラ空きでスイスイと久里浜に到着。

乗ろうと思っていた出発時間より、1本早く乗船できた。

アクアラインよりも割高だけど、子供達も寒いなか甲板ってかデッキではしゃぎまわっていたので良しとしよう。
ゴルフ客、バイカー、カップルや家族に団体さん。
いろんな人が、海の向こうに思いをめぐらし・・・オイラは東京湾口の漁船団に気を散らし・・・短い船旅を楽しんだ。

金谷に到着。
早速、朝飯兼昼飯をとるため、保田漁協直営の店、「ばんや」を目指す。

行程、約20分。って、まだ開店してねぇよ!

時間を潰しながら行こうかってことで、途中、海水浴場に立ち寄り海を眺め・・・。
それでもまだ早いってんで、ちょいと通り過ぎたところにある道の駅「きょなん」へ。
道の駅・・・って言うよりは、直売所?
公民館と隣接しており、なんかイベントがあるらしく車の出入りが多い。

ここで見つけたのが「まめもっこり」!

ちょうど数日前、職場で北海道生まれの「まりもっこり」の話題になっていた。
うひゃ〜、まがいものかぁ!?中国ばりだな!!

喜んではみたもの、実はまりもっこりの弟だかなんだからしい。
こりゃ、全国に異母兄弟がうじゃうじゃ居そうだ(笑
時間も良いころあいなんで、落花生を購入して、いざ食事処へ!

ところが・・・開店間もないはずなのに、既に店内は人で溢れ、駐車場の空きもなかなか見つからない状態。
なに?なんなの??
どうやら妻曰く、結構人気の店だそうで、質も量もかなりのモノらしい。

こりゃ、期待できるかなっと大衆食堂チックな長テーブルに着くと・・・背後をゴキブリが。
・・・こりゃ、期待できるだろ・・・。

ボードに掲げられたメニューを流し見て、さくっと注文を決定。
「カワハギの空揚げ」、「ホウボウの煮付け」、「刺身5点盛り」。即、ひかれたね。
それと、定食セット(ごはん+味噌汁+おしんこ)を2つ(1つは味噌汁をイワシつみれ汁に変更)。

カワハギは、20cm程のが3匹。おぉ美味そう!こうすると身離れが良いんだな。
ホウボウは、40cm程のが1匹。なるほど、こうやって包丁を入れると味が染みるのか。
刺身は、キンメ、サワラ、ワラサ、ヒラメ、アジの5点。格安定番のマグロ赤身やイカは無い!!

ぐはぁ〜!うめぇ!!量もたっぷり!!食うのが忙しくって、写真撮り忘れた。

子供達が予想外に食ったので、オレ様の取り分が少なくなっちゃったけど。

これだけ食って、約\3,500!!この店、アタリだわ。

周りが注文したものも見たけど、ある程度まとまった人数で色々頼むのが良さそう。
アジフライなんか、結構なサイズが4匹だし、アラ煮なんか大皿にどぉ〜ん!
かき揚げ丼は溢れんばかりの乗っかり具合で、1品だけだと絶対飽きるだろって感じ。
食べきれない人用に、お持ち帰りに使うプラパック(有料)もあります(爆

カワハギが美味くて、頭からバリバリ食ってたらノドを傷つけちゃって、その後ずぅ〜っと違和感に悩まされることに・・・。

ま、とにかく、機会があったら、また立ち寄りたいね。

とはいえ、店を出る頃には、店の入り口は大混雑。店員が捌ききれないくらいの人でごった返してしまって。
昼時、夕飯時は、ちょっと厳しそうだなあ。

次に目指すは、「千葉県立安房博物館」。

以前、次女が生まれる前に来た時には無料で入れた気がするのだが・・・。
しかも、イベント開催中ってことで、通常料金よりちょっと高くなってる。

それでも数百円だからねぇ。

昔のバケやエギ、インチクっぽい仕掛けの展示品なんかもあって、ちょっと参考になったかな。
(シンカー類には、貝の装飾が入っていて、やっぱ昔から効果あるんだなぁと実感。)

子供達は隠れているイラストを探すってゲームに参加しており、展示品なんかにゃ興味なし。

そんな感じで、漁具などの展示品を見て回り、簡素な水族館(って言って良いのか?)を見て終了。



博物”館”って印象とは程遠い規模ですけどね。

続いては、妻の目指す日帰り温泉「休暇村館山温泉『花海の湯』」。

天気が良ければ、富士山なんかも見れちゃうっていう展望風呂つき。
残念ながら、富士山が見れるほどに空気は澄んでいないようで・・・湿気っぽいんだね。
内湯もガラス張りだから、絶景が見れます・・・っていうけど、湯気で曇って見えやしねぇよな(笑

露天風呂に行くと、外房の海風が肌に刺さって、湯の温かさと相まって気持ち良ぃ〜。
・・・と、女湯方向から怒声が・・・妻です・・・。

妻は子供二人を連れてなんで、のんびりできねぇ〜って嘆いていたけど、サッパリ、ほっかりして終了。

風呂上りはやっぱりアイスだよね。
またまた道の駅を目指してしゅっぱぁ〜つ!



イチゴソフトクリームを2つ。
1個、300円だぞ!
長女!キミの1ヶ月分の小遣いと同じなんだぞ!!
おい!こら!味わって食えって!・・・え?もう食べちゃったの・・・。
えっと・・・次女は・・・って、口の周りにピンクの泥棒ヒゲが。
つーか、おまえも食い終わってるんかい!!

好きなんだから仕様が無いといえばそれまでなんだけど。

ここではみかんを買って終了。

次に目指すは南房総市和田町にある「つ印くじら家」です。
ここってクジラ肉販売でちょっとは有名な店なんだけど、公式HPって無いのかなぁ。捕鯨は結構デリケートな問題になってるしね。

食肉販売所は、こじんまりした店。
隣接した店では、クジラ料理も楽しめるようだ。

残念ながら、子供達は車内で熟睡中であるため、妻と二人で販売所へ。
試食用にツチクジラの刺身があり、ちょっと酔っ払い気味なおじさんと舌鼓。

お土産に、ツチクジラの刺身用胸肉(一柵約\1,000)と、佃煮を購入。
持ち帰り用の発泡スチロールの小箱+保冷材も合わせて購入してきた。

子供達は寝続けているし、帰路につくかということで、みたび道の駅へお土産を求めてレッツゴー!

車内に子供たちを残し、サクッとお土産を購入。

ここでもクジラ肉が販売されていたけど、ほんのちょっと高め。

帰りはアクアラインを通って夕食は海ほたるでってんで、一気に房総半島を横断。
せっかく海上を渡るんだから、明るいうちに木更津に着こうと走り続け、途中、妻に運転を交替しつつ、なんとか、アクアラインでの夕日と、海ほたるでの夜景を堪能することができた。

しかし、なんで富士山が見える場所に居ると、被写体として富士山が中央に鎮座するんでしょうね。
日本人のサガなんでしょうか。



木更津といえばアサリ。
アサリまんとか、アサリ丼とかあるんだけれど・・・家族で食べたのは「佐世保バーガー」。
なんで?どして??まぁ、良いか。

お土産屋さんで、恒例の試食ツアー。



施設内のゲームセンターでは、無料でポップコーンが配られ、しっかりGet。

ひととおり見学が終わり、のんびりと本当の帰路についたのでした・・・。




HOMEMENU